トップページ >> 私達の肌の常在菌も増えやすくなってしまう

私達の肌の常在菌も増えやすくなってしまう

月曜日, 9月 4th, 2017 | mako | 未分類

カビが生えやすい季節と言えば、やはり梅雨ですが、気温が高く、湿度も高い。そんな環境では、私達の肌の常在菌も増えやすくなってしまうのです。

真菌の一種である、マラセチア菌が原因とされるいわゆる「でん風」という皮膚病がありますが、これは顔、腕、足、お腹、背中。つまり、どこに出る可能性もあり、なのです。

茶色いシミのように発症するでん風もありますが、白い斑点のように色が抜けてしまうケースも存在します。違和感を感じるようなシミを見つけたら、皮膚科を受診された方が良いでしょう。

以前から雑誌やSNSで話題になっているファスティングに、ついにチャレンジしてみました。その結果、ウエスト6cm減の目標を達成しました。

きれいになるためにそれなりの苦労をして、サプリで栄養補給してストレッチも欠かさなかったのに、肌の状態があきらかに悪くなったのが気になります。急に痩せてシワが出るほどの体型ではないんです。

そもそも顔は痩せてないし。どうでしょう。

これってダイエットと関係あるのでしょうか。とりあえず普段は酵素を飲むくらいにとどめ、スキンケアを優先しようと思います。

出来る限りのUV対策やお肌の手入れをしていたのに顔のシミはいつの間にかできています。どうしてなんだろうと思った人もたくさんいらっしゃると思います。

できてしまったものはしょうがない!とにかく薄くしていくにはビタミンCを体に取り入れることです。ビタミンCを上手に取り入れると、シミも撃退できるでしょう。

毎日食べたり飲んだりするだけではビタミンCは摂りづらい。そんな場合はビタミンCのサプリを飲むのも一つの手です。

主に30歳から50歳手前ぐらいの年代の女性が思いわずらうお肌のトラブルのひとつに、「肝斑」が挙げられます。左右の目の下の目尻から頬あたりにちょうどクマのような感じにできるシミのことです。

女性ホルモンが肝斑に関与しているのではないかと考えられていて、肌に肝臓の不調が現れているといったものではないのです。肝斑の治療方法としては、トラネキサム酸を摂るとよいとされており、内用薬として、大手化粧品メーカーや製薬会社などから市販されています。

肝斑に関しては、よくあるシミ対策法は効果を発揮できません。有名なエステのコースには、シミやソバカスを目立たなくする、または消すフェイシャルコースが見られます。

シミなどをお化粧で目立たなくしようとしてもどうやってもシミなどが目立ってしまい、隠すためについがんばりすぎて結果としてかなりの厚塗りになってしまったといったことになってしまいがちです。エステはそのような方の助けになって、メイクの厚塗りとはさよならしたお肌になれるのです。

クリアポロン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です