トップページ >> 脱毛サロンのカウンセリングにおいて

脱毛サロンのカウンセリングにおいて

水曜日, 8月 16th, 2017 | mako | 未分類

脱毛エステとの契約を行った日から数えて8日間よりも短かった場合、クーリングオフが可能です。しかしながら、契約期間が1ヶ月におさまるものであったり、お支払いが5万円よりも低額の場合、クーリングオフが適用できなくなってしまいます。

規定の日数である8日を超えてしまうと、クーリングオフではなく中途解約に変わりますので早く手続きを行うことが重要です。脱毛サロンのカウンセリングにおいては、相手に尋ねられた点にはなるべく正直に答えることが肝心です。

お肌が荒れやすかったり、アトピーにお悩みの方などは、脱毛を断られるケースもありますが、体質をごまかして受けて肌が荒れてしまったならば、自分が困ってしまいます。尋ねたいことがあるときは必ず質問しましょう。

脱毛サロンに出向けば、ピカピカの脇や足になれるし、施術してくださるエステティシャンの方といっぱいお話できるし、嬉しい事ばかりだと思います。マイナスの点としては、費用がかかってしまうことです。

その上、脱毛サロンによっては、粘り強く勧誘されてしまうこともあります。でも、ここ数年においては、強引な勧誘は禁止されているので、はっきりと断れば大丈夫です。

デリケートゾーンを脱毛サロンで脱毛してみたら、仕上がりもキレイで、肌トラブルが起きにくいと言われています。ただ、脱毛サロンの中にはデリケートゾーンの脱毛は対応できない所もあるのでウェブサイトなどで確認する必要があります。

デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしいと思う方も、たくさんいますが、女性同士なので、プロが行う方が自分で行うより安全です。全身脱毛が持つイメージでは、施術のときの痛みが、気に掛かってきます。

今ではほとんどの脱毛サロンで光脱毛という方式を用いたフラッシュ脱毛が採用されています。フラッシュ脱毛とは、数秒にも満たない間、広範囲の脱毛部位に有効な光を当てて脱毛処理を行うというものです。

ですから、他の脱毛方法に比べるとほとんど痛みを感じることもなくて利用者も高い評価をしています。

【レジーナクリニック 渋谷】※2017年8月1日(火)オープン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です